上野

かつては「北の玄関口」として賑わい、現在でも常磐線、宇都宮線、高崎線の起点として交通の要所となっている上野。
西郷隆盛像が見守る上野駅を降り立つと、国立西洋美術館や国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、少し足を伸ばすと東京藝術大学があります。

また上野駅の西側には緑あふれる上野恩賜公園が広がり、入園者数日本一の上野動物園や不忍池など癒しのスポットも沢山。

東京国立博物館の裏手にある徳川家の菩提寺・寛永寺には、江戸時代の徳川将軍15人のうちの6人が眠っています。
上野の森は寛永寺にある国指定重要文化財の寛永寺五重塔、国際こども図書館、東京国立博物館、東京藝術大学の校舎など魅力的な歴史的建造物も多く、都会の喧騒を忘れ散歩するには格好の場所です。

少し顔を覗かせているのは上野駅から不忍池に向かう途中にある寛永寺清水観音堂です。京都の清水寺を模して建立されたもので子宝・安産のご利益があります。
近くには三年に一度5月25日(次回は2008年)に大祭が行われる医薬祖神 五條天神社や、商売繁盛・縁結びなどのご利益がある花園稲荷神社(穴稲荷)もあります。

一方上野駅の南側は賑やかな商業エリアです。
上野から御徒町に続くアメ横にはマグロをはじめ魚介類や乾物、お菓子など様々な食材が盛り沢山。アメ横センタービルの地下には珍しいアジアの食材も。
また、革製品やジーンズ、ミリタリーなどカジュアルウェアも豊富で高架下には個性的なお店がひしめきあっています。

駅ビルにはアトレ上野や、改札から直接入れるフィットネスクラブもありとても便利。

家賃は山手線南西部に比べるとお手頃で、山手線、京浜東北線などJRの他に東京メトロ銀座線、日比谷線、京成本線が乗り入れており、場所によっては千代田線の湯島、大江戸線の上野御徒町駅も利用可能です。

ページの先頭に戻る